【感想・レビュー】ファミコンテイストが懐かしい異世界召喚物語『アルワの覚醒(Alwa’s Awakening)』

こんにちは、まよねーずです!

ついに聖剣伝説3リメイクが発売になり、ブログのかたわら楽しませてもらっています。今回はなかなか良い感じ、買って正解でした。前回の汚名を返上できたのではないかと思います(すっごいひどかったですからね、2リメイク…)。ぜひこの調子でレジェンドオブマナのリメイクを出してくれたら嬉しいですね。どうですか、スクエニさん!?

さて今回は『アルワの覚醒』を紹介します。

Sponsored Link

アルワの覚醒について

開発Elden Pixels
リリースプラットフォームSteam、Switch
価格Steam:¥980
Switch:¥1,000

本作はスウェーデンのインディーゲームスタジオElden Pixelsが開発した作品です。元の名前は『Alwa’s Awakening』でしたが、日本発売するにあたって日本語名に変えたようです。

往年の名機ファミコンを意識した8ビットレトロテイストな作りで、2016年から開発が始まり2017年にSteamで発売、そこから2年遅れて2019年に日本語ローカライズがswitchで発売されました。

ちなみにこの作品、現在続編である『Alwa’s Legacy』が開発中です。こちらは続編らしくスーパーファミコンを意識した16ビットテイストで開発されています。ぜひ日本で発売して欲しいです!

ゲーム内容はどんな感じ?

異世界から召喚された少女が邪悪な支配者を倒すため旅立つ

物語はアルワという世界を舞台に、人々の祈りによって召喚された異世界の少女ゾーイが、邪悪な支配者ヴァイカーを倒すため冒険するという、昨今日本で流行りの異世界召喚ものです。

ゲーム内容はメトロイド寄りで、色々な場所を回って強化アイテムやスキルを手に入れ進んでいくタイプです。

懐かしいレトログラフィック

本作は往年の名機ファミコンにイメージした8ビットグラフィック。なんとファミコンの「オリュンポスの戦い -愛の伝説-」に触発されて作られているそうです。オリュンポスの戦いとはまたマニアック!だけどセンスが良い!

3つの魔法で道を切り開け

本作はメトロイドヴァニアですが、メトロイドヴァニアでありがちな、二段ジャンプやダッシュといったスキルは一切覚えません。その代わり3種類の宝石を手に入れる事で魔法が使えるようになります。どの魔法も便利なものばかり。しかも宝石の力を強化させるアイテムもあり、強化させるとさらに力を発揮してくれます。

高い場所に行きたい時は青い宝石で作り出した泡に乗ります。強化前は途中で割れてしまうんですが、強化後は割れる事なくどこまでも高い所へ行く事ができます。

緑の宝石はブロックを生成する魔法で、床にあるスイッチを押したり、少し高い場所に上りたいときに使用します。強化アイテム獲得後はと水に浮かせて移動することもできるようになります。

黄色い宝石は雷を発射します。 遠くにあるスイッチを作動させたい時に使用します。もちろん敵への攻撃にも使用できます。

ありきたりなスキルではなく、ちょっと変わった魔法というのがおもしろいです。

親切設計!アシストモード!

本作は難易度もレトロテイストなため、難易度が非常に高いです。魔法や強化アイテムはあるが、体力がアップするアイテムは存在しない、各所にある井戸で水を汲めば体力がなくなると自動で回復してくれますが、そもそも最大体力が3という低さです。しかし、ゲーム開始前に設定できるアシストモードで便利機能を付ける事ができます。

この機能が役立つものばかり。これを使えば難易度をグッと下げる事ができます。

ボリュームの少なさや後半になると増える一撃死ゾーンが気になる

そんなユーザーに優しい機能を持つ本作ですが、ボスがラスボス含め5体しかいないため、少しボリューム不足です。かつ体力アップといった定番の強化アイテムがないため探索要素も薄く感じます。

また、後半になると一撃死ゾーンが徐々に増えていきます。ラストのマップになるといやらしいほど、一撃死の針山や穴があるので、人によってはイライラしてしまいます。

まとめ

ここが良かった
  • ファミコンを想起させるレトログラフィック
  • メトロイドヴァニア定番のスキルとは一風変わった魔法
  • ユーザーに優しいアシストモード

ここが気になる
  • 探索要素が薄くボリューム不足
  • 後半になるにつれ増えていく一撃死ゾーン

8ビットテイストなグラフィックと音楽、そして一風変わったスキルで進むメトロイドヴァニア 、懐かしい気持ちになれる事間違いないので、ぜひプレイしてみて欲しいです。

では今回はこれにて。
また次回!

Sponsored Link

コメントを残す